業務分野

最大限度のあなたの合法的権益を保護する
JINCHENG TONGDA & NEAL
M&A
概要

金誠同達はM&A業務において投資に関連する各段階でクライアントにアドバイスすることができます。市場進出の段階で、当事務所弁護士のサポートにより既存の中国会社の買収を通じて、外国投資者は早く市場に進出することが実現できます。例えば、多くのキャリアのあるスタッフを獲得する或いは既存の販売ルートを獲得することができます。すでに中国で設立された会社に対し、各種のM&Aを通じて再編を実現し、現在の業務を拡大し、新たに調整することができます。また、M&A取引も外国投資者撤退方略として非常に有用な方式の一つでもあります。それは非公開的に中国或いは海外の中国系または外資系第三者に売却することも含みます。

金誠同達のクライアントは主に多国籍会社、機構投資者、PE及びベンチャー会社、中国系民営企業および国有企業が含まれています。当事務所は中小企業のM&A取引業務も代理し、資産、業務及び附属会社の買収及び処分、合作、合弁企業持分の譲渡及び戦略投資も対象としています。

金誠同達は弁護士調査業務について優れた能力を現し、M&A領域において信頼されています。M&A取引業務には有効で徹底的な深度調査はきわめて重要なことに鑑み、当事務所はずっと中国一流の調査業務の発展に力を入れています。金誠同達の専門的な調査チームには、各法律分野を熟知している 200 名あまりの弁護士、公認弁護士および税理士からなっており、いかなるM&A取引プロジェクトにも法律及び事実上の重要な根拠を提供することができます。われわれはM&A取引に影響するいずれの難点、チャレンジ的な業務も熟知し、たとえば、従業員及び管理の手配、帳簿外或いは潜在的な負債、社会保険義務、業界コンプライアンス業務などがあげられます。われわれはこれらの業務を処理する独特な能力があり、クライアントにそのもっとも賢明な業務判断に必要な事実情報及び法的分析を提供します。

多くのM&A取引業務が複雑で多分野の特性があることから、クライアントにリーガルサービスを全面的に提供することを保証するために、分野交差の方法が必要であると当事務所は認識しております。金誠同達は分野交差の方法を重視し、税務、金融、独禁法、知的財産権、IT、訴訟および労働法領域の弁護士を整合して、総合的なアドバイスが必要とするいかなるM&A取引にサービスを提供しております。われわれは政府監督管理部門の業務にも豊富な経験があり、中国証券監督委員会、商務部、文化部、中国新聞出版総署及び国家放送テレビ総局にもリーガル·サービスを提供しております。金誠同達はM&A関連法律法規を担当している政府官庁と良好な関係をもっており、クライアントの要求にさらに満足できます。

金誠同達弁護士のサービスは下記のとおりとなります。M&Aのあらゆる業務を及んでおります。

  • 予期目標の前期準備

  • 資産売買

  • コーポレート·ガバナンスに関するアドバイス

  • 企業の一般コンサルティング

  • 合弁、合作

  • PE

  • 資本構成調整

  • 資本分割

  • 株取引

当事務所は多数の領域で広範な業務経験があり、多くの法律分野にクライアントに総合的にリーガルアドバイスを提供することができます。一件のM&A取引は通常、複数領域の専門家によりリーガル·アドバイスが必要になります。主に以下のとおりです。

  • 独禁法

  • 銀行及び金融

  • 外資所有権規範

  • 董事の職責

  • 労働法及び従業員の福祉

  • 知的財産権

  • 国際貿易

  • 労務及び仲裁

  • 不動産

  • 再編及び破産再編

  • 証券

  • 税務

  • 電信



関与業務領域
弁護士検索