金誠同達について

最大限度のあなたの合法的権益を保護する
JINCHENG TONGDA & NEAL
事務所概要
27+ +

沿革
10+ +

オフィス
200+ +

パートナー
188+ +

グローバルネットワーク

金誠同達法律事務所(「金誠同達」)は1992年北京に創立され、中国国内最大規模の総合法律事務所の一つであり、数人の公認会計士および税理士も在籍し、2000年には中国司法部に「部レベルの文明的な法律事務所」に命名され、2005年に中華全国弁護士協会に「全国の優秀な法律事務所」として受賞しました。2006年に専門誌である『アジア法律事務』(ALB)に「アジア地域における最も発展している 30 軒の法律事務所の一つ」としてランキングされました。

金誠同達はリーガルサービス業界においては、 多くの分野においてリードしています。本部を北京に置くほか、上海、深セン、合肥、成都、杭州、南京、西安、瀋陽、済南にてオフィスを設置し、各地域のオフィスと北京本部とは緊密的に協力し、中国全土をカバーするネットワックを形成しております。M&A、企業法務、独占禁止、知的財産権、証券、金融、不動産、プロジェクト融資、インフラ整備、資産管理、保険、税務などの分野から、外商投資、国際取引、WTO 紛争の解決、アンチダンピング、商事仲裁および訴訟等の分野まで広い業務領域において、クライアントにハイレベルのリーガルサービスを提供しております。金誠同達のクライアントは政府官庁、多国籍企業、大手金融機関、保険会社、メーカー、物流、ヘッジファンド、PE、ベンチャー投資ファンド、IT会社、ハイテク産業、不動産企業、デベロッパー、物流、媒体芸能業および商業運営などを含めております。長年の努力を積み重ね、専門的、効率的、実用的な法律サービスを堅持することにより国内外のクライアントから高い評価と厚い信頼を頂いております。

金誠同達は分野を跨ぎ、多くの専門家を集め、ほとんどの弁護士は中国の有名大学法学部の教育背景を擁し、数多くの弁護士はまた米国、欧州あるいは日本などの有名なロースクールの教育背景を擁し、一部の弁護士はアメリカ、イギリス、ドイツ、日本および香港の法律事務所にて国際法律業務を従事した経験もあります。金誠同達は「誠実に信用を守り、共同志向で目標達成」(原語:守信金誠、励志同達)との理念に沿って、「同心で力をあわせ、事業を発達させること」(原語:同心合力、事業騰達)を目標にして、精進的な専門技術および豊富な実務経験をもってクライアントに最も専門的且つ完備なリーガルサービスを提供できることはその成功の鍵であります。金誠同達の弁護士は着実にクライアントの立場および観点から事情分析し、具体的な状況を踏まえ、各分野においてハイレベルで優秀なサービスを提供し、研究者のような謹厳な態度と、専門家のようなサービス水準、チームワークのモデルおよび国際化の品質で自分を厳格的に要求しております。

金誠同達はまた国際化の業務ネットワークをもって、アメリカ、ヨーロッパ、日本、カナダ、オーストラリア、シンガポール、インドなどの国、地域および香港、マカオ、台湾の関連同業者と広く深い業務協力関係があり、グローバル範囲内に資源の共同享有および業務の相互協力を図っております。クライアント数の増加に伴い、金誠同達は中国トップレベルの法律事務所になることが目標だけではなく、国際的な一流法律事務所を目指しております。 

金誠同達の弁護士は専門領域での活躍だけではなく、同時にまた中国の公共法律サービスの積極的な推進者と実践者でもあります。金誠同達の弁護士はいつも招かれて政府機構、専門協会、民間団体、名門大学などの主催するフォーラムで専門講演を担当し、人民代表大会と政治協商会議の議案や中央および地方の立法活動や関連司法解釈の討論にも参与し、関連法律調査研究も行っております。金誠同達の弁護士の中に、全国政治協商委員会委員、北京市人民代表大会代表、北京商工業連合会の執行委員会の常務委員、全国の青年連合会の委員などを務めている弁護士は数人がいて、北京大学、清華大学、中国政法大学など名門大学の指導教官あるいは非常勤教授などを兼任している弁護士も数人が在籍しております。 

金誠同達は多くの中央政府官庁、例えば商務部、税関、工商総局、国家発展改革委員会、税務総局、証券業監督委員会、銀行業監督委員会、建設部、各級の裁判所、知的財産管理局、国務院弁公庁などおよび地方政府部門と広範に良好な関係を維持しており、また商務部、税関などの政府部門の顧問も担当しています。