最新ニュース

最大限度のあなたの合法的権益を保護する

金誠同達法律事務所シニアパートナー金英蘭がALBサミットにて「外商投資法」について講演を行った

2019-03-29 弁護士ブログ 孔婉君

金誠同達法律事務所シニアパートナー金英蘭弁護士が、2019年3月14日に東京新宿の京王プラザにて開催されたAsian Legal Business (ALB)サミットにて、中国進出の外資企業が最も関心を寄せている中国外商投資領域のホットトピックである「外商投資法」について講演を行いました。 MORE

紛争解決条項において選択するべき訴訟及び仲裁のメリット・デメリットについて

2017-12-11 弁護士ブログ 張国棟   李娜

紛争解決条項を定める場合には、紛争解決方法及び紛争解決地の2つの問題について十分に検討する必要があります。 MORE

中国企業に対する技術ライセンスにおける留意点

2017-09-22 弁護士ブログ 杜雲華

中国において投資?設立した企業又は中国における提携企業に対し、外国企業が技術ライセンスを提供することはよくあります。中国国内企業に対し技術ライセンスを付与する場合には、外国企業の所属する国の技術輸出に関する法律の規制を受けることはもちろん、中国の技術輸入に関する法律の規制も受けることになります。外国企業にとしては、ライセンサーとしての利益をきちんと保護するため、中国の技術輸入に関する法律の規定を十分に理解しておく必要があります。本稿では、中国国内企業を対象とする技術ライセンスに関する法律の規制及び一般的な留意点について説明します。 MORE

中国の契約における違約責任条項の設定について

2017-09-04 弁護士ブログ 韓尚武  

中国の契約法においては、違約責任の負担方法が主に5種類定められています。 MORE

中国の競業制限制度についてよくあるQ&A

2017-08-01 弁護士ブログ 張国棟   瀋博文

競業制限は、会社法における董事及び高級管理職に対する競業避止制度において最も早く現れ、その後に労働法の分野にも導入されました。自身の商業秘密及び知的財産権を保護しようという企業の法律に対する意識の高まり、企業の間で繰り広げられる高級管理職及び高級技術職の争奪戦の激化に伴い、「競業制限」という法律専門用語も、徐々に広く知られ、理解されるようになりました。企業の利益の保護という観点から、競業制限制度を如何に正確に運用すれば、不当競争行為による侵害を受けずに済むか、また、不当な処理により企業に不要な損失が生ずることを防ぐことができるのか、それらはいずれも、多くの企業が実務において直面し、解決しなければならない問題です。ここでは、関連する法律の規定を根拠として、実務においてよくみられる競業制限に関する問題について簡単に分析し、企業が競業制限制度を如何に正確に適用するかについて提案し、参考に供します。 MORE

外国人の中国における就業制度に対する改革に関する調査レポート

2017-07-07 弁護士ブログ 杜云華

中国では、2016年10月から、北京、天津、河北、上海、安徽、山東等の地において、外国人の中国における勤務許可制度に対する改革が試行され、その改革の内容は、広く外商投資企業及び外国人の注目を集めているところ、弊所では、日本貿易振興機構(ジェトロ)の委託を受け、当該改革に関する調査レポートを作成しました。 MORE

最新ニュース
ニュース検索