最新ニュース

最大限度のあなたの合法的権益を保護する

外国投資情報報告について

2020-06-04 弁護士コラム 瀋博文

Q1:2020年1月1日に、「外商投資法」とその実施条例の施行に伴い、「三資法」時代の「審査認可制」と「届出制」が廃止され、外商投資企業に対する管理制度が「情報報告制」という制度に変更された。「審査認可制」や「届出制」と比べて、「情報報告制」の概要は、どのようなものなのか。 MORE

事例からみる広告法コンプライアンスについて(2)——「問題のある地図」がもたらす広告法のコンプライアンスリスク

2020-05-21 弁護士コラム シニアパートナー/弁護士 金英蘭 弁護士 李霆輝

2017年から、国土資源部や工業情報化部などの部門は、「問題のある地図」に対する取り締まりキャンペーンを展開し、一連の典型的な事例を公開しています。中でも特に注目に値するのは、多くの会社が広告の中で規定を満たしていない地図を使用することにより、行政処罰を招いているという点です。以下におきましては、二つの事例を用いて、広告の中での「問題のある地図」の使用によりもたらされるコンプライアンスリスクに対し、ご紹介と分析を行います。 MORE

OPPOおよびシャープとの間の特許権侵害紛争にかかわるSEPライセンシング問題

2020-04-29 弁護士コラム 李太陽

報道によりますと、中国の携帯メーカーであるOPPOは、シャープが標準必須特許(SEP)のライセンシングにおいてFRAND原則に違反した等の理由をもって、中国の深セン市などにおいて、シャープを相手取った訴訟を提起したとのことです。その背景としては、2020年1月末以降、シャープは、特許権侵害を理由とし、OPPOを相手取って日本国の東京都、中国の台湾省、ドイツのミュンヘンなどにおいて、訴訟を提起してきた模様です。一方、上記の各訴訟の結果は、各裁判所がこれから下す最終判断の状況に従うものと思われます。以下におきましては、本件紛争にかかわるSEPのライセンシングに関するFRAND原則および独占禁止法問題について、簡単に説明いたします。 MORE

グルコン酸カルシウム販売業者の市場における支配的地位濫用行為に対する処罰案について

2020-04-26 弁護士コラム 李太陽

2020年4月14日に、国家市場監督管理総局(SAMR)は、山東康恵医薬有限公司(以下「康恵公司」という。)、濰坊普云恵医薬有限公司(以下「普云恵公司」という。)、および濰坊太陽神医薬有限公司(以下「太陽神公司」という。)という3社のグルコン酸カルシウム(Calcium Gluconate)原料薬の販売会社の市場における支配的地位の濫用行為に対し、行政処罰の決定(国市監処〔2020〕8号)を公布し、当該3社を併せて3.255億元の罰金及び違法所得没収に処しました。本件においては、当該3社が買い切り、大量購入、生産業者の対外販売に対する制限などの方法でグルコン酸カルシウム原材薬販売市場の90%ほどの市場シェアをコントロールしており、市場における支配的な地位を濫用し、不公平な高価で製品を販売したり、不合理な取引条件を押し付けていたということです。また、本件の調査において、康恵公司、普云恵公司および関連従業員13人が、調査行為を拒否し、妨害したことに対しては、SAMRは別途行政処罰(国市監処〔2020〕20号~国市監処〔2020〕35号)を行い、併せて253万元の罰金を課しました。 MORE

新型コロナウイルス肺炎の治療薬の探求に関する一部の中国の薬品法律制度のご紹介 — 薬品の特別審査手順制度と拡張参加試験制度を中心に

2020-03-01 弁護士コラム 李太陽

2019年末に中国武漢で発生した新型コロナウイルス肺炎(以下、「コロナウイルス」という。)が特効薬がないなど理由で中国本土で拡大されているばかりでなく、中国以外にも拡大されています。これを背景として、中国政府は、人の移動制限等の措置をとっているほか、中国の医薬品管理法上の医薬品特急承認制度を含む制度を活用し、打開策を模索しています。 MORE

新型肺炎の影響下における企業が賃料の減免を要請するための根拠について

2020-03-01 弁護士コラム 韓尚武

Q:今度の新型肺炎は企業の生産管理に多大な影響を及ぼしています。当社は開業延期および経営困難などの理由で、貸主にリース工場の賃料の減免を要請したいですが、これについて何か法的根拠がありますか? A:会社は借主として、新型肺炎の影響を受けて経営難に陥っている場合、以下に掲げる各号の内容を活用し、貸主と交渉した上で賃料の減免を要請することが可能です。 MORE

最新ニュース
ニュース検索