最新ニュース

最大限度のあなたの合法的権益を保護する

金誠同達張国棟弁護士、「サイバーセキュリティ法」、「データセキュリティ法」および「個人情報保護法」のセミナーで講演

2021-09-27/ トピックス/

高い注目を集めている中国の「個人情報保護法」は、2021年11月1 日から施行されます。同法は中国における個人情報保護の分野における重要な法律として、「サイバーセキュリティ法」および「データセキュリティ法」と並び、中国の情報規制の面における基本的な枠組みを構築することとなります。 

上記の三つの法律の内容と、これらへの実務上の対応には、日系企業からも大きな注目が注がれています。2021年9月27日にジェトロは、上記のテーマに焦点を当てたセミナーを開催しました。400名近くの方々は会場とオンラインにて受講されました。

今回のセミナーでは、金誠同達のシニアパートナーである張国棟弁護士が2時間の講演を行いました。張国棟弁護士は長期的にサイバーセキュリティとデータガバナンスの面における法律の最新動向に着目し、数十社の多国籍企業のサイバーセキュリティとデータセキュリティおよび個人情報にかかわるコンサルティングサービスを提供しています。

图片 1.png

張国棟弁護士は『中国での事業活動における情報の収集·保存·利用の留意点:サイバーセキュリティ法、データセキュリティ法、個人情報保護法と実務対応』と題して上述の三つの法律を水平比較し、三つの法律における重要な定義と制度を説明し、外資企業が中国で経営活動を展開する際に、情報の収集、保存、使用などの過程において注意を要する事項に対し、詳細な分析を行った上で、実務において着実に有効な対応方法を提起いたしました。講演ではさらに、張弁護士は受講者の方々と活発な意見交換を行い、お蔭様で講演はオンラインとオフラインの受講者の皆様からの高いご好評を博することとなりました。

このほか、張国棟弁護士はさらに、外商投資、コンプライアンス、競争法/独占禁止法、合併·吸収·再編、紛争解決などの分野においても、二十年以上の豊富な業務経験を積み重ねています。

張国棟弁護士は目下、北京金誠同達法律事務所のマネジメントパートナーと、執行副主任を務めており、北京弁護士協会の競争法/独占禁止法専門委員会の副主任と、中国日本商会調査委員会の委員を兼任し、かつ、多くの有名大学で客員講師を担当しています。

携帯電話でQRコードをスキャンして、
ニュースを共有します。