最新ニュース

最大限度のあなたの合法的権益を保護する

全国人民代表大会常務委員会、「データセキュリティ法」を可決

2021-07-19/ 法令速報/

データ取扱活動の規範化に向けて、6月10日に、第十三回全国人民代表大会常務委員会第二十九次会議において、「データセキュリティ法」が可決された。同法は2021年9月1日から施行される。そのうち、「データセキュリティ法」の第三章では、データセキュリティ制度に対する規定が行われており、これにはデータ分類·分級保護制度、データセキュリティリスク評価·報告·情報共有·モニタリング警報システム、データセキュリティ応急処置システム、データセキュリティ審査制度などが含まれている。このほかにも、「データセキュリティ法」においてはさらに、データセキュリティ保護義務に対する明確化が行われており、重要データの取扱者は、データセキュリティの責任者と管理機構を明確にし、データセキュリティ保護責任を実施しなければならないという旨が提起されている。さらに、越境データフローに対する厳格な規定が行われており、中華人民共和国の主管機関の承認を経ずに、中国国内の組織と個人は、中華人民共和国の国内に保存されているデータを中国国外の司法機構または法執行機構に提供してはならないとされている。

(出典:http://www.npc.gov.cn/npc/c30834/202106/7c9af12f51334a73b56d7938f99a788a.shtml

携帯電話でQRコードをスキャンして、
ニュースを共有します。