金誠同達について

最大限度のあなたの合法的権益を保護する

金誠同達がALB日本法律大賞 「2019年度日本業務ベスト外国法律事務所」を受賞

2019-06-14/ レピュテーション/

金誠同達法律事務所は、6月13日東京で開催されたALB日本法律大賞「ALB Japan Law Awards 2019」授賞式において、「Japan Practice Foreign Law Firm of The Year」を受賞しました。 当賞は、世界的情報サービス企業であるトムソンロイターの国際的法律雑誌“Asian Legal Business (ALB)”が主催する国際的法律事務所を表彰する賞であり、 金誠同達法律事務所は、日本企業への法律業務を展開する全ての外国法律事務所の中から、同賞審査委員会において、2019年度の最も優れた外国法律事務所と評価され、受賞の栄誉に浴しました。

金誠同達法律事務所シニアパートナー張国棟弁護士と顧問簗瀬正人先生が受賞式に参加し、プレゼンターから大賞のトロフィーを授与されました。張国棟弁護士は受賞スピーチでこれまでにご指導ご協力いただいたクライアントの皆様に感謝の意を述べ、これからもさらなる研鑽に励み、より一層精進して行く決意を表明しました。

WechatIMG3391.jpg

金誠同達法律事務所日本業務部門は長年にわたり、多くのグローバル企業に戦略的コンサルティングと法律サービスを提供し続けてきました。国際業務を専門とする部門として、日本業務部門は中国をベースとし、日本にも拠点を設けており、日本企業が中国投資に際して直面する多種多様の課題を熟知し、適切なアドバイスとコンサルティングが可能であり、中国市場への参入から、日常の企業運営、問題解決までの一連の法律サービスを提供しています。

金誠同達法律事務所日本業務部門は約30人の優秀な人材を有し、所属する弁護士の全てが日本及び中国のトップレベルの大学の法学部を卒業しています。また、日本業務部門の中心メンバーは20年以上にわたり、日本企業の中国関連投資に係る重要案件に関与し、高い実績を上げると共に、多くの経験を積み重ねてきました。また、北京、上海、瀋陽、成都、東京等各地のオフィス間の良好なチームワークにより、国際水準のクオリティを有する法律サービスを中国語、日本語、英語にてタイムリーにクライアントに提供しています。

金誠同達法律事務所日本業務部門は卓越した国際的視点と中国法律への高い理解に基づき、日本企業が中国に投資する際に直面する問題を的確に推察し、全面的なサポートを提供することができます。日本業務部門は海外投資、融資、M&Aおよび企業再編、独占禁止および不正競争防止、紛争解決、税関および貿易上のコンプライアンス、税務、知的財産権保護等の領域において、クライアントから高く評価され、厚い信頼を得ています。

中米貿易戦争の国際情勢の中、外国投資の中国進出は新たな局面を迎えようとしています。この度、ALB日本法律大賞「2019年度日本業務ベスト外国法律事務所」が授与されたことは、金誠同達法律事務所日本業務部門の卓越した法律サービスが高く評価された結果であり、チーム一同は今回の栄誉を心の励みとし、なお、一層の精進を重ね、これからも日本のグローバル企業クライアントに対して、外国投資のプロフェッショナル法律コンサルタントとして、ハイクオリティの法律サービスの提供を続けてまいります。

パートナー紹介

趙雪巍

金誠同達法律事務所 シニアパートナー

趙雪巍弁護士は北京大学法学部と東京都立大学を卒業し、日本および中国大手法律事務所での勤務経験があります。業務分野は、外商投資、M&Aおよび企業再編、大型取引、コンプライアンスおよび紛争解決等多岐にわたります。また、環境保護、商業賄賂、国際貿易等の領域において豊富な経験を有し、クライアントから厚い信頼を得ています。趙雪巍弁護士は金誠同達法律事務所コンプライアンス業務の責任者パートナーであり、日本貿易振興機構JETRO、日本商会、日中経済協会の法律顧問を務め、また、唯一の弁護士代表として中日友好協会の理事を務めています。

張国棟

金誠同達法律事務所 シニアパートナー

張国棟弁護士は中国政法大学と慶應義塾大学を卒業し、日本および中国大手法律事務所での勤務経験があります。業務分野は、越境投資、M&Aおよび企業再編、独占禁止および不正競争防止、税関および貿易上のコンプライアンス、紛争解決等にわたります。また、サイバーセキュリティー、測絵法に対し、豊富な実務経験があり、同時に自動車と医薬品領域のエキスパートでもあります。張国棟弁護士は金誠同達法律事務所独占禁止および不正競争防止業務の責任者パートナーであり、日本商会調査委員会委員、日本貿易振興機構JETROの法律顧問、北京市弁護士協会独占禁止および不正競争防止法律委員会秘書長を務めています。張国棟弁護士の豊富な実務経験とプロフェッショナルな法律サービスはクライアントから高い評価を得ています。

金英蘭

金誠同達法律事務所 シニアパートナー

金英蘭弁護士は北京大学法学部を卒業、日本および中国大手法律事務所での勤務経験があります。業務分野は、外商投資、M&Aおよび企業再編、企業運営と管理、紛争解決等にわたります。また、コンプライアンス、電子商務、重大労働紛争に関して豊富な実務経験があります。金英蘭弁護士はエネルギー、機械、自動車、医薬品等の業界の経験を持ち、物流、リテール、不動産領域においても独特な見解を持っています。グローバル企業の日常経営管理における各種法律問題に対し、価値のある法律サービスを提供し続け、クライアントから厚い信頼を得ています。

簗瀬正人

金誠同達法律事務所 顧問

簗瀬正人先生は1985年に大手監査法人に入所;1996年から1999年まで、PwC中国北京事務所に務め、その後PwC税理士法人中国事業部責任者に就任しました。主に中国税務に関連するコンサルティング及び中国投資から撤退までの中国ビジネススキーム策定に係るサービスを提供してきました。2012年から2016年まで筑波大学の非常勤講師として「中国税法」の講義を担当しました。現在は金誠同達法律事務所東京オフィスの顧問を務めています。

韓尚武

金誠同達法律事務所 パートナー

韓尚武弁護士は中国政法大学法学部にて修士号を取得後、10年以上大手法律事務所での勤務経験があります。業務分野は、越境投資、紛争解決、M&A、政府監管等にわたります。特に、訴訟と仲裁、反商業賄賂とコンプライアンスにおいて、代表的な案件を多数解決し、豊富な実務経験があります。韓尚武弁護士は自動車、医薬品、電子、金融と不動産業界を熟知しており、グローバル企業の経営管理における多種多様の問題に対し、プロフェッショナルかつ効率的な法律サービスを提供しています。

李太陽

金誠同達法律事務所 パートナー

李太陽弁護士は北京大学法学部にて修士号を取得後、10年以上大手法律事務所での勤務経験があります。業務分野は独占禁止および不正競争防止、M&Aおよび企業再編、投資徹底、企業運営とコンプライアンス、知的財産権等があります。同時に、環境保護、越境技術移転、輸出入管制、データコンプライアンス、サイバーセキュリティー、医薬品等の業界にも熟知しており、グローバル企業にハイクオリティな法律サービスを提供することができます。


阅读原文

携帯電話でQRコードをスキャンして、
ニュースを共有します。