最新ニュース

最大限度のあなたの合法的権益を保護する

新たな「薬品管理法」の要点と分析

2019-09-10/ トピックス/ 張国棟 孔婉君

「薬品管理法」は中国の薬品の監督と管理に関する基本的な法律である。現行の「薬品管理法」は1984年に制定され、2001年に初回の改定が行われ、2013年と2015年にその一部分が二度改正された。2019年8月26日には新たな「薬品管理法」が第十三回全国人民代表大会の常務委員会の第十二回目の会議において可決され、これは2019年12月1日から正式に実施される。

改定後の「薬品管理法」は全十二章、155条から成り、章?節と構成についての調整が行われている。今回は「薬品管理法」が1984年に制定されてから二回目の体系的な構造上の全面的な改定となり、薬品の分野における改革の成果と有効な方法が法律化されているため、社会の多くの業界からの注目を集めている。弊所はそのうちのいくつかの重点的な改定の要点に対して、整理と分析を行った。

詳細は下記PDFご参照ください。

新「薬品管理法」の要点分析-JT&N.pdf


携帯電話でQRコードをスキャンして、
ニュースを共有します。