最新ニュース

最大限度のあなたの合法的権益を保護する

新たに改正された「特許審査ガイドブック」、2月より施行

2020-03-06/ 法令速報/

人工知能、インターネットプラス、ビッグデータ、ブロックチェ?ンなどの新たな業界に関する特許出願審査の規則を更に明確にするため、中国国家知識産権局は「特許審査ガイドブック」の改正を決定した。当該改正においては、「特許審査ガイドブック」の第二部分の第九章に第6節が追加されている。当該改正は202021日から施行されている。

今回の改正においては、審査は権利の要求書に記載されている解決案に向けて行うべきとされている。審査においては、技術的な特徴と、暗号化アルゴリズムを用いた特徴や、商業上の規則 · 方法の特徴などとを単純に切り離すべきではなく、権利の要求書に記載されているすべての内容を一つの全体として考慮すべきである旨が明らかにされている。また、審査の事例を通じた特許出願の新規性と創造性の判断基準が明確にされている。

人工知能、「インターネット+」、ビッグデータ、ブロックチェーンなどの新たな業界の発明特許出願に関心を持つ企業は、「特許審査ガイドブック」の改正に留意する必要があり、特に、説明書と権利要求書の作成に対する要求には、注意すべきものと思われる。

(原文:http://www.cnipa.gov.cn/zfgg/1144989.htm


携帯電話でQRコードをスキャンして、
ニュースを共有します。